2011年06月14日

J1昇格へのプレーオフ導入!?

Jリーグが来季からJ2の“昇格プレーオフ”導入を検討していることが13日、分かった。1、2位がJ1に自動昇格するのはこれまでと変わらないが、残る「1枠」を3位から6位までの4チームで争うシステム。J2の活性化が狙いで、14日に行われるJ1・J2合同の実行委員会で審議される。

 Jリーグが、史上初のプレーオフ制導入へと動き出す。14日のJ1・J2合同実行委員会で審議される原案では、現在はJ2上位3チームの自動昇格を2チームに限定。リーグ戦終了後、3〜6位の4チームで残る「1枠」をかけたプレーオフを行う。トーナメントの方式や、上位チームにアドバンテージをつけるかなど詳細は今後、検討する。

 同制度は、イングランドプレミアリーグの下部カテゴリー、チャンピオンシップ(2部相当)のプレーオフ制度を参考にしたものという。最大の狙いは20チームあるJ2の活性化だ。6位まで昇格の可能性が広がれば、リーグ戦終盤の“消化試合”が減り、激烈なプレーオフも含めて観客動員も見込める。

 「J1昇格の目標をより多くのクラブが具体的に持つことで強化や経営、ハード面の整備に関する意識も高くなるはず」と、J関係者は期待を込める。

 今季はJ2の3位から昇格した福岡が、開幕9連敗中と低迷。大分と水戸は債務超過に陥っており、今季3位以内に入っても昇格の条件を満たせないなど、J2クラブには問題も多い。各クラブの財務や施設面などを厳しく審査する「ライセンス制度」が導入される2013年を前に、プレーオフ制を導入することで、J2各クラブにJ1昇格を念頭に置いた意識改革の“活”を入れる意味合いもあるという。

 昨季の順位に当てはめれば福岡、千葉、東京V、横浜FCが対象となるプレーオフ制。実現すれば、元日本代表FW三浦知良(横浜FC)がJ1昇格を決める感動シーンが見られるかもしれない?
posted by 10 at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。