2011年10月29日

蹂躙ピエロ

ダレドク〜!?

TPP誰が得するの〜!?

よ〜くかんがえよ〜♪




アメリカ必死だな。






賛成派の熱い話を耳にしたことはないが、反対派の熱い話だけ胸に刺さる。

何が無駄で何が大切か。

よく考えましょう。いや、ぼくたちがよく考えても・・・。決定権は国にあるので。






米韓の蹂躙。前例があります。

日本が日本であることを誇るために、ぼくたちは考えなければいけません。











ペルーの首都リマで開かれていた米豪など9か国による環太平洋経済連携協定(TPP)の第9回交渉会合が28日、閉幕した。

 米国のバーバラ・ワイゼル首席交渉官は閉幕後、一部記者団に対し「参加の決断は前もってなされるべきだ。真剣な意志を持たない国には来てもらいたくない」と述べた。

 これは交渉参加を検討中の日本政府・与党内にある、国益に合わなければ交渉途中で撤退すればいいとの「離脱論」をけん制し、政府の意思統一を図った上で参加を表明するよう促した発言だ。

 一方、ペルーのエドガー・バスケス首席交渉官は閉幕後の記者会見で、「すべての分野で進展があったが、交渉終了に至らなかった」と述べ、11月にハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での大枠合意に向け、詰めの協議が必要との認識を示した。バスケス氏は、知的財産権などの分野で交渉が遅れ気味だと説明した。
posted by 10 at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

笑えるドラフト

ひどい。
笑っちゃう。
日本ハムが悪い?
いいやいいや。
ルール違反はしてないよ。
おかしいのは伯父だか甥だか知らんけど、
巨人にいけると思い込んでた一家の発言だろ。

巨人も一本釣りできると思ってる慢心がウケル。
いまどきこんなツメの甘い交渉してるやつらいるんだね?

笑える。


ひどいねー。ひどい。


東海大・菅野 智之投手 プロ野球ドラフト会議が27日、東京都内のホテルで行われ、最速157キロ右腕、菅野は巨人日本ハムから1位指名され、日本ハムが交渉権を獲得した。巨人は昨年12月から1位指名を表明していたが、単独指名はならず、抽選に敗れた。菅野は伯父である原辰徳監督(53)が指揮を執る巨人入りの夢を抱いていた。会見では笑顔はなく、胴上げなども急きょ、中止となった。原監督は「くじを引く状況にならないと信じていた。非常に残念」と言葉を絞り出した。

 驚きと悔しさが入り交じっていた。菅野は会見中、目を潤ませた。交渉権を獲得したのは、プロを志すきっかけをくれた伯父・原監督が率いる巨人ではなく、指名を予想もしていなかった日本ハムだった。

 神奈川平塚市東海大での指名後会見。菅野は“意中の球団”への思いを問われると言葉に詰まった。「小さい頃から巨人でプレーできればいいな、と。夢が現実となることを思い描いていたが…。でも、その、何と言ったらいいのか分からない」とショックを隠せなかった。

 相模原市内の実家も、静寂に包まれた。祖父の原貢・東海大野球部顧問(76)、父・隆志さん(49)、原監督の妹にあたる母・詠美さん(48)ら一家が勢ぞろい。テレビ中継に見入ったが、日本ハムが交渉権を獲得すると沈黙した。「4月から指名を決めていたということでしたが、事前に指名あいさつは一切なかった。1位指名は光栄です。競合入札もルールにのっとってのことと理解しています。ただ、道義的にこうしたやり方は許されるのでしょうか。残念で仕方がありません」と隆志さんは強い不信感を口にした。貢さんも「事前に話がないなんて。そりゃないよ」と憤った。

 相思相愛の巨人入りはならず、東海大で会見後に予定されていたナインによる胴上げや、写真撮影は中止。日本ハム入団への現時点の意思について菅野は「さっきの出来事なので、両親と相談してまた決めたいと思います」と明言を避けた。

 昨年12月14日。巨人は過去最速でドラフト1位指名を表明し、誠意を見せてきた。「早々と、1位の表明をしていただいた。その評価に恥じないプレーをしようとここまでやって来ました」。巨人への思いと、原監督の甥という“宿命”が右腕を大きく成長させてきた。しかし、伯父さんとの共闘はかなわなかった。

 「(ドラフト会議の)10月27日という日を夢見て、ここまでやってきました。どんな結果であれ…」。そう言うと約10秒間沈黙した後、言葉を絞り出した。「無事に終わり、ホッとしています。強い体に生んでくれた両親に感謝したいです」。28日には日本ハムの岩井スカウト、大渕スカウトディレクターらが東海大を訪れる予定だが、菅野や横井監督に面会できるかは未定。31日には、明治神宮大会の出場権のかかる関東地区大学選手権が始まる。まずは、大学日本一へ向け、集中する。
posted by 10 at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

ほとんどビョーキ!

結婚しなきゃいいのに、って思う。
何度も結婚する人は何度も離婚し、そしてまた結婚する。
ほとんどビョーキ!


レスリングで3度世界女王となった山本美憂(37=白寿生科学研究所)が日本アルペンスキー界のエース・佐々木明(30=チームエムシ)と離婚していたことが24日、明らかになった。

 現在、カナダでトレーニング中の山本は「ここ1〜2年考えてきたこと。こういう(離婚という)形の方がお互い頑張れると思う」と認め、2男1女の3子の親権は山本が持つことなどで今年6月に手続きが終了したとしている。
posted by 10 at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。