2011年10月18日

東京五輪招致断固反対

正気ですか!?と小一時間問い詰めたい。
東京五輪招致は断固反対。
税金の無駄。無駄使いの王道。愚の骨頂。

一度ダメだった。
もう少し期間をあけるべき。

復興を巻き込むな。
原発も収束していない日本に誰がくるんだ?

知ってるよ。招致できなくてもいいんでしょ?
招致活動による利権ってのがあるからね。
招致活動してま〜っす♪っていうテイでお金を湯水のようにジャブジャブつかえますもんね。

復興うんぬん持ち出してきたらマジで怒る。

復興うんぬんゆうなら、福島原発を収束させ、
期間をおいてから仙台で五輪をするのがベストだろうよ。





なあ、石原慎太郎よ。









  2020年五輪の東京招致に向けて、超党派の招致推進議員連盟が近く発足し、次の臨時国会で招致決議が行われる見通しであることが30日、自民党のスポーツ立国調査会(会長・遠藤利明衆院議員)で報告された。前回の16年五輪招致では民主党の態度が決まらず、国会での招致決議が遅れた。政府の財政保証の確約にも時間がかかり、投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員の心証を悪くしたとの指摘もある。

 与野党は10月中旬に臨時国会を召集することで合意。遠藤議員は「年内に全会一致の国会決議に持ち込み、申請ファイルの提出期限の来年2月15日までには政府の財政保証を取り付けたい」と意欲を示した。

 また、JOCの市原則之専務理事は同調査会で、招致実現に向けた具体策を東京招致委員会に助言する「評議会」の最高顧問として、野田佳彦首相に就任を要請する方針を明らかにした。

 JOCは「オールジャパン体制」で招致を勝ち取るため、政界、財界、スポーツ界など各分野のトップで構成する「評議会」の設立を準備中。会長には石原慎太郎都知事、副会長には森喜朗元首相が就任するほか、日本経団連の米倉弘昌会長ら経済界の要人にも就任を要請する方針。
posted by 10 at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。