2011年11月09日

尾崎豊の遺書を全文掲載

1992年(平4)に亡くなった歌手尾崎豊さん(享年26)が残していた2通の「遺書」が、明日10日発売の月刊文芸春秋に全文掲載されることが、分かった。尾崎さんの死については、没後2年の94年に他殺説が浮上。自殺説と真っ向から衝突し、裁判にまで発展するなど社会的に大きな関心事となった。「尾崎豊の遺書『さようなら 私は夢見ます』」を執筆したジャーナリストの加賀孝英氏は94年当時に入手していた「遺書」と、尾崎さんと繁美夫人との間のやり取りを、没後20年を前に明かした。

 ◆尾崎豊さんの死 92年4月25日朝、東京都足立区内の住宅街で全裸で傷だらけになった尾崎さんが発見された。同日午後0時6分に死亡。死因は極度の飲酒による肺水腫とされた。しかし、2年後の94年に尾崎さんの体内から検出された覚せい剤について触れた、司法解剖の結果が記された「死体検案書」のコピーが外部に流出し、他殺説が浮上。尾崎さんの実父健一さん、実兄康さんやファンが再捜査を求め、10万人嘆願署名活動に発展した。身の危険を感じた繁美さんは長男裕哉さんと渡米した。

posted by 10 at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

個人攻撃

結論から言おう。
事実かどうかは置いておくとして・・・
どこの政党だからどうとかいう問題じゃなくて、
「個人攻撃」が得意な人が「個人攻撃」されてさらに「個人攻撃」するっていう図式ね。

お得意のパフォーマンスですが、
少しヒステリックですよね。橋下さん。

言いたいことは山ほどあるけど、
他にいい候補者いませんし、橋下さんは勝つでしょうよ。

ただね、自治体の長が「バカ」とかね、
気軽に口にするもんじゃないよとは思うわけですよ。

そういうヒステリックな部分が、のちのち、自分に降りかかってくるわけですよ。

















橋下徹・前大阪府知事がネットのツイッター上で「共産党」に対してぶち切れしている。街宣車が「自宅マンション前に張り付いて、個人攻撃を行った」のだという。

 橋下氏がいう「共産党の街宣車」は、共産党推薦の府知事選候補予定者、梅田章二氏の支持団体「明るい民主大阪府政をつくる会」の車のことのようだ。「つくる会」側は、「『橋下氏の自宅前』を意識して演説するようなことはしていない」と説明している。

■「駅前でやってくれよ」「自宅には来るな」

 「共産党の選挙戦について考えて欲しいことがあります」。2011年11月7日未明、橋下氏は自身のツイッターで「読者」らにこう呼びかけ、10回の連続投稿で共産党批判を展開した。

 ちなみに「つくる会」は、同会サイトによると、1971年結成(2004年に現在の名前に改称)、大阪商工団体連合会や日本共産党など56の団体・政党で構成されている。

 橋下氏の「つぶやき」に戻ると、11月6日15時過ぎ、「共産党の街宣車」が、「僕の自宅マンション前に張り付いて、僕を批判する酷い街宣活動」をしたという。時間的にどの程度続いたのかは触れていない。

 以下、橋下氏による「共産党」批判の一部を紹介すると、

 演説の内容は、「政治活動と言うよりも完全に個人攻撃」。攻撃されるのは構わないのだが、「それだったらもっと人の居るところでしろよ」「駅前でやってくれよ」「自宅には来るな」と注文している。

 また、「うちの子どもは受験生なんだよ。勘弁してくれよ」として、「受験生だろうがなんであろうが、政敵の子供であれば一切お構いなし。恐ろしい」と批判。「もう少し人の情けをもって、子供たちのことを考えてくれ」などと配慮を呼びかけている。

 「子供の人権とかいつもワーワー口にするくせに、一番子供の人権を踏みにじっているのが共産党だ」「政敵を倒すためには一家皆殺し」と激しい表現も使っている。

■「意識的な『自宅前演説』していない」「仮にそうなら偶然」

 実は、直前の11月5日、共産党推薦を受け大阪市長選に立候補を表明していた前市議が、立候補見送りを発表した。

 「橋下氏の独裁を許してはならないという市民の声を生かす」ための撤退だとして、橋下氏に対抗する現職の平松邦夫市長を支援する考えも示していた。

 こうした共産党側の対応へのいら立ちが、今回の橋下氏の「つぶやき」の背景にあるのでは、との憶測をめぐらせる向きもあるようだ。

 「つくる会」は、橋下氏の指摘をどう受け止めるのか。事務局の担当者に話をきくと、橋下氏の該当ツイッターは取材前から読んでいた。

 住宅街などを街宣車で走り、ところどころ車を止めて演説することは、今回に限らず「政治活動として普通に行っている」。

 11月6日午後に橋下氏の自宅があるとされる場所を含む地区内で演説をしたのは事実だが、かなり広い地区であり、「意識的に『橋下氏の自宅前』で演説するようなことはしていないし、(今後も)しない」と説明した。

 また、「マイクを使った演説の声は、比較的遠くにも届く」として、「(橋下氏は)車が見えたのか。声は聞こえたのだろうが、本当に『自宅前』だったかどうかは(橋下氏の)ツイッターをみてもよく分からない」と指摘した。仮に「自宅前」だったとすれば、「偶然だ」という。

 少なくとも橋下氏の「自宅の近所」で演説があったのは間違いなさそうだが、「自宅前」か「自宅の近所」か、で受ける印象はかなり異なる。

■「演説は5分程度」

 「つくる会」と協力している共産党の該当地区委員会の幹部にも聞いてみた。

 橋下氏のツイッターを受け、この幹部が、当日に演説のマイクをにぎった男性らに話をきいたところ、「どれが橋下氏のマンションなのか」は知らないため、「橋下氏の自宅前」で演説を行ったかどうかは分からないと答えたそうだ。判定不能だ、というわけだ。

 「その地区のどこか」に橋下氏が住んでいるようだが、地区は広く、また、演説はほかの地区でも行っており、橋下氏が住んでいるとされる地区でも演説すること自体は自然な流れだとも言いたいようだ。

 また、該当地区での演説は5分間程度で、「特別長かったわけではない」。内容も、橋下氏らが進める人事評価厳格化をめざす職員条例問題に関する話が中心だったとしている。

 街宣問題自体を超えて、「ほんと共産党って、(略)現実無視というか、人間の感情がないと言うか」などと批判されたことについて、共産党大阪府委員会の幹部に質問すると、

  「(橋下氏の)言い方について、いちいちコメントする気はない。もっと重要な政策論争をやりましょう」

と答えた。

 もっとも橋下氏は、マスコミや他陣営による「中傷合戦でなく政策論争を」との論調に対し、「ツイッターや会見で政策論を具体的に展開している」としばしば反論している。
posted by 10 at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

学園祭シーズン到来!

学園祭シーズンも本格化してきましたね!
最寄駅や周辺駅でのビラ配りやチラシ配りに精を出す学生たちの姿が目立ってきました。

みんなお揃いのイベントブルゾンウインドブレーカーを着用していて、
とてもいい雰囲気です。


サークルごとに屋台や出店をやるんでしょうね。
みんなでお揃いのTシャツ作成して、わいわいがやがややるんでしょうね。
知り合いも、焼きそば屋やるから遊びにきてね、なんて言ってました。
焼きそば目的で遊びにいくほど、フットワークは軽くないのですが。苦笑。


近所の昭和薬科大ではGOING UNDER GROUNDがLIVEするそうです。

学園祭でのLIVEってのも独特でいいですよね。かくいう私も、
初めてLIVEへ行ったのは売れ始めた頃のLINDBERGの学祭ライブでした。



・・・そんなんいったら年齢がバレてしまいますね〜。
posted by 10 at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。